久々に…

気まぐれな私は、しばらくの間、放置状態でした。

コロナのニュースを毎日見て、不安ばかり…。

経済も回らなくなり、破壊とか、崩壊の言葉をしばしば見かける事がありました。

別な言葉で言い替えるなら、変化、あるいは、リセットされるのでしょうか?

人として試されているような、そんな感覚があります。

他ではテロだったり、あるいは常軌を逸するような、水害であったり…。

日本は外国と比べたら、緩やかな方なのかもしれません。

しかし、なんだか落ち着かず、blogが書けなくなり、頻繁に動画ばかりを見てました。

さほど歴史には興味はないほうなんですが、卑弥呼に関連する動画を見て、ふと思った事があります。

あまり、表には出ずに、国を円滑にまとめていたらしい。

もしかして、極端に世の中が変貌するならば、古めかしい常識は排除され、これからは女性も表に立ち回り、今までとは違った方向に流れるのではないか? と、一瞬、思ったりしてました。

やはり、久々にblog書くと、上手く文章、まとめられないものですね。( ;∀;)

タイトル下を、色々、変えてみた

ヘッダーにこだわり過ぎて、何回変えた事か( ̄▽ ̄;)

1つ目、ひつじの雑記帳、Minimalismを参考にして、

f:id:raitochyan:20200411202811j:plain

一度、こんな感じにしたかった☺️



次は、
f:id:raitochyan:20200411211226j:plain
絵文字が反応するのか、試したかった☺️


それで、絵文字が出来ので、顔文字挑戦。
f:id:raitochyan:20200411210638j:plain


で、最終的に、テーマも変えて、
f:id:raitochyan:20200411213342p:plain

花で、まとめてみました☺️

ヘッダーとか、テーマに懲りすぎで、色々変えて、楽しんでいました。

なので、blog投稿も、一時停止してました。( ̄▽ ̄;)




必要に迫られ、マスクを作ってみた結果

f:id:raitochyan:20200402233741j:plain

相変わらずマスク不足で、どこに行っても売り切れ。

開店の瞬間を狙い、並ぶのも面倒。

必要に迫られ、動画など見ながら作ってみた。

動画どうりの寸法で作ったら、あまりにも小さくて失敗( ω-、)

別に、動画が悪いのではない。

自分の顔のサイズが、標準よりでかいのだ。

今度は、市販のマスクの寸法を基準にする。

そしたら、フィット感があって、つけ心地がよい。

有り合わせの布で作ったら、薄くなり効力もうすそうだ。

プラスして、キメが荒いのが、ガーゼの弱点である。

そこで、真っ白なハンカチで作ってみた。

素材は、Yシャツのような素材。

柔らかくないせいか、顔に馴染まない。

作ったマスクは、微妙に寸法もまちまち。

それで、数枚作ってるうちに、自分にあったサイズを知る事が出来る。

縦11.5cm。 横17cm。ゴム32cm。

ノウハウどうり作ると、失敗する。

やはり、市販されてるマスクを基準にすると、小さくなることはない。

それと作ってるうちに、自分に会うサイズ。

マスクに合う布が分かる。

ちなみに自分に合うのは、一番左。

数枚作っても、付けるのは、お気に入りのマスクだけかも。


f:id:raitochyan:20200403000133j:plain



【1000円クーポン配布中]マスク 在庫あり 花粉 99%カット 高密度フィルター不織布マスク 1000枚入 50枚*20袋 三層構造 使い捨て レギュラーサイズ 花粉対策 ブルー 大人用サイズ マスク 送料無料 箱なし袋入り

DAISOで模様替え

f:id:raitochyan:20200316213548j:plain

実は、子供が大きくなり、家を出る事によって、部屋が一つ空きました。

前から欲しかった自分の部屋(^^)

自己流に模様替え。

とはいえ、カーテンを付けただけなんだけど。

かーテーンレールを付けるのは、抵抗あるし、傷が付く。

前から気になってた、突っ張り棒。

幸い、カーテン変りとなる布が薄くて軽いので、突っ張り棒にも負担がかからない。

カーテンクリップを利用して、ぶら下げてみた。

f:id:raitochyan:20200316214308j:plain

また、もう1ヶ所ベランダに

突っ張り棒と、リングランナー、洗濯ばさみ、それから実は、掛け布団カバー。

f:id:raitochyan:20200316214629j:plain

カーテン代わりの掛け布団カバーは、使う予定のストックしてるやつで、大きかったから、カーテンとして使っている。

ちなみに、掛け布団カバーは、しまむらで、安売りの時に購入(500円)

左は、窓に使ったリングカーテンクリップ

右は、ベランダに使ったリングランナー

f:id:raitochyan:20200316215624j:plain

ベランダに使った物を、見やすく🆙

f:id:raitochyan:20200316215609j:plain

本来なら、カーテンレールは、2000円

カーテンだって、安いので2000円

普通なら、4000円かかるけど、今回は、有り合わせの布と、掛け布団カバーを使ったので、費用は、1200円+消費税で済みました(^^)v

100均は、DAISOと、Seriaから、購入してます。

アイコンが出来るまでの流れ

f:id:raitochyan:20200314205814j:plain
アイコンを変えたい(o^O^o)

と、思ってから、現在のアイコンに変更するまで、約、10日くらいかかりました(^-^;

自分で描いてみては、失敗し、更に描き変えて、また失敗( ω-、)

どうしても、自分では、上手く 描けずギブアップ( ̄▽ ̄;)

せっかくペンまで買ったのに(-_-;)

気が遠くなり、 coconalaに依頼する事に決定(^^)v



アイコン ほんわか検索で、出てきたのがmonro_oさん(^^)

monro_oさん自身のアイコンに魅了され(〃▽〃)、monro_oさんに依頼する事に決めました(*^^*)

1000円でも安いのに、当時500円のクーポン券があったので、更に安い料金でお願いする事が出来ました。
超、ラッキーヾ(*≧∀≦)ノ゙

自分の写真、あるいは見本となるイラストなどを、添付して欲しいという事で、張り付けたのが、この2枚⬇️

f:id:raitochyan:20200314205632j:plain

自分では、こんな絵しか描けない😭

f:id:raitochyan:20200314205655j:plain

そして、この絵を元に、下書きとして送られてきたのが⬇️

f:id:raitochyan:20200314205814j:plain

ちょっと地味な感じがしたので、髪を癖毛にしてもらい、動きのある感じに頼んでみました。それが⬇️

f:id:raitochyan:20200314210829j:plain

それで、角度を変更するのと、肌の色、背景の色を提案するために、この画像を送りました⬇️

f:id:raitochyan:20200314211018j:plain]

それで、送られてきたのが⬇️

f:id:raitochyan:20200314211123j:plain

数回のやり取りの中で、完成されたのが、想像以上の出来栄えで大満足ヽ(*>∇<)ノ



梱包用テープを使い、テーブルを作ってみた

f:id:raitochyan:20200305221802j:plain

普通だったら、リメイクシート使うかもしれないけど、

大好きなピンクがなかった(´;ω;`)

他の100均に、行けばあるのかもしれないけど、梱包用にも、ピンクがあったので、とりあえず買ってみた(*^^*)

あくまでも梱包用だから、無駄にならないはずヾ(゚ー^*)

しかし、英語が書かれてあるテープは短くて、全面貼る事が出来なかった(+_+)

きちんと図ってから使ったら、バランス良く貼れたかもしれないのに失敗(ノ´Д`)ノ

後で確認したら、5mしかない(T-T)

代用で、ピンクパンサーのテープをつかった(。-∀-)

表面は、紙質じゃなく、浸透しない、セロハンとか、ツルツルした素材のやつ(^^)

ちなみにピンクパンサーのテープは、15m。

透明なテープは、80m。

透明なテープは、マスキングテープを貼った時、重ねて上に貼ってる。

物が増えるのか嫌いだから、有り合わせの段ボール箱。

テーブルは、実はアイロン台。

裏にテープを貼った。

意外とテーブルとして代用出来る(^-^)v

足に使った箱

f:id:raitochyan:20200305223845j:plain

KINGプリンを食べた後は?

f:id:raitochyan:20200302135603j:plain


王様のプリン

さすがに食べ応えがある。

過敏な腸な方は、一度に大量を食べない方が、無難ですね(^-^;

この可愛らしいバケツ。

捨てるのが勿体無いので、意外な物に使いました。

それは






うふっ(*´艸`*)





前から欲しかった、茶色のバケツ





サイズ的にも丁度良い.+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+.




我が家のトイレ🚻に置かせて もらっています。


f:id:raitochyan:20200302135615j:plain


KINGプリン

マスキングテープ、意外な物に使う

f:id:raitochyan:20200301223720j:plain


DAISOに行くと、いつもマスキングテープをいつも無駄に買ってしまう🥴

使うあてもなしに😔

そして、いつもソーイング🧵に使う布や糸、ゴムなどが入っている段ボール箱に、マスキングテープを貼る事を思いつく😏

このまま使わずにいれば、増える一方😅

我が家は、毎冬、みかんを、箱で買う習慣がある🍊

みかんの段ボール箱は、二枚重ねになっており、丈夫なのだ\(^o^)/

ワクワクo(^o^)oしながら貼ってみる。

しかし、マスキングテープだけだと、すぐに剥がれる事に気が付く😱☀️

そこで、DAISOから、梱包用の透明なテープを買い、マスキングテープの上に、透明なテープを貼る😉

サイドのピンクのテープも、実は梱包用。

有り合わせのマスキングテープを使ったので、センスとか、バランスはイマイチかもしれないけど、自分的には満足。
.+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+.💞

そして、上に軽く、布のガムテープて押さえた。

すぐに取り出せるようにするために軽く。

最近、布団の下に眼鏡👓️を置いて壊しちゃったから、いつも枕元に置き、眼鏡とティッシュを、上に、置いている。



f:id:raitochyan:20200301215221j:plain

鬱状態だった頃、立ち直せてくれた物


f:id:raitochyan:20200224204230j:plain

誰にも話せないあの陰鬱な状態。

職人の家に嫁いだのが一番のきっかけ。

人のせいにしたくはないけれど、人間環境は、大きいと思う。

頑固な舅で、親には絶対服従の環境だった。

職人気質の頑固な気質。

しかし、そのような環境は、当たり前と言えば当たり前のような、職人であるがために、頑固な性格には、諦めなければならなかった。

夫から見れば、父親は、師匠にあたる。逆らえない存在である。

勿論、私は、嫁という立場柄、反論など出来ない。

夫も、姑も、味方になってはくれない。

所詮他人である。

強い立場が優位で、弱い立場は、一歩下がらなければいけない環境。

姑は、舅に対して、全自動のように従う。

そんな中で私は、現実逃避するように、何かしらに興味を持っていた。

幸い近くにTSUTAYAがあり、本を買ったり、CDを借りたりしていた。

私が思うに、ストレスを感じている方が、感性が豊かになり、音楽を聴いても、本を読んでも響くものがある。

きっと、音楽に癒しを求め、本には、心理学的なものを望んでいたのだ。

辛い状況にこそ読書すれば、現在に必要な言葉を見つけ出し、脳内にインプットされると思う。

人間関係に悩んだ時こそ、分析する絶妙なタイミングだと思う。


無理しないほうが愛される―――自分には「自分の生き方」がある

腕組み

f:id:raitochyan:20200221195952j:plain

うちの俺様夫は、よく腕組をする。

だけど私は、その姿勢は好きじゃない。

腕組みする人の心理が分からない。

なんで腕組みをするの?など、何となく聞けない。

威嚇してるようにも思える。

たまに普段謙虚な人が、腕組みしてるとなんだかがっかりする。

何かを主張してるようにも思える。

自信ありげにも見える。

だけど正確な根拠は、分からない。

今までうちの夫は腕組みしてきた。

きっと、これからもずっと…。

俺様夫、分析してみた - 主婦の部屋

嫁姑問題 難しい

f:id:raitochyan:20200204003436p:plain
嫁姑、上手くいく方法として、姑を立てると上手くいく、などと良く書かれているが、舅を立てて、姑を立てて、さらに旦那を立て過ごしていると、自分を見失い、ストレスが溜まる一方。

自分の気持ちを偽りながら暮らしていても上手くいく訳ない。

毎日顔色伺いながら暮らしていると、結果、吐き気するものだ。

好かれようとして、必要以上に気を使い過ぎてしまうと、甘く見られて、逆に上手くいかない事もある。

結果、ギスギスしながらも、ある程度、本音を言い合いあった方がいい場合もあるし、根に持たれる場合もある。

嫌われても気にしないような態度を見せて、毅然として振る舞った方が良い。

嫁の立場というのは難しい立場かもしれないが、よくよく考えてもみると、自分がいないと上手く成り立たないようになっている事実に気が付く。

だから、下手にばかり出てないて、強気に振る舞い、回りを驚かせてみるのもいいかもしれない。

www.raitochyan.com

同居の秘訣 2 (-_-;)

出来る事なら、同居したくない。
きっと、大抵の人なら思う。
秘訣、ノウハウ、そんな情報あっても、うのみにしてはいけない。

何故なら、色んなパターンがありすぎたり、綺麗事しか、書かれていなかったりする。

もちろん、子供を見てもらい、仕事に行ける事は、同居ならではのメリットがある。

個人的に思う事は、良い嫁を演じない方が、良い場合がある。

好かれたいなどと思えば、甘く見られる可能性がある。

ポイントは、夫。

どっちの味方になるのか?

間接的に上手く立ち回ってくれればいいのだか、確率的に下手な人が多いと思う。

最悪離婚になるケースもある。

自分自身が、葛藤に苦しまいように、心がけている事は、家族とはいえ、血の繋がらない他人だという事。

もちろん上手くいってる家族は、家族として捉えたほうが良いと思う。

家族だと思えば、期待したり、甘えが出てきたりするが、血の繋がりのない他人だと思えば、仕方ないなとか、諦めがついたり、納得がいく。

嫁に対する、古めかしい固定観念が消えない限り、嫁の立ち位置は低いまま。

今の所自分の中で、割り切った考えで過ごす事。
これが自分にとって、ストレスを和らげる一つの手段である。

他に趣味に没頭したり、同じく同居してるママ友とおしゃべりする事が、ストレス解消になっている。

同居の秘訣www.raitochyan.com



毒になる姑





同居の秘訣

f:id:raitochyan:20200130230734j:plain

同居の秘訣
まずは考えた事ない。
職人の家に嫁いでビックリする事ばかり。
舅の言う事には絶対服従の家だった。
姑は、全自動のように従う。
もちろん嫁である私も、当たり前のように従う事を要求される。
こんな古めかしい習慣の家に、秘訣などなく、諦めるように過ごす感じだ。
タイトルから外れて、矛盾な事を言ってるのは、百も承知。

とりあえず、このようなタイトルで、書いてみたかった。
何故なら検索した内容に、的確なノウハウが見つからないからだ。

秘訣というより、ストレスを溜めないようにするコツに近いかもしれない。

当時姑は、元気だったから、私は仕事に出る事にした。
それだけでもストレスは、かなり減る。
さらに仕事が急遽休みになった時は、当たり前のように、遊びに出かける。

そんな事をしてたから、うつ病からは、免れたのだと思う。

他人は変わらない。変えようとしても無理。
要領よく過ごすしかない。

戸籍上は、家族ではあるが、血の繋がりがないから、他人だから仕方ない、理解を求めても無駄。期待しない。などと割り切りながら過ごす。

唯一、良かったと思える事は、人間の本質を見る事が出来る事。内面と表面の違いが分かり、人を見る目が養われる。

同居して、あまりにも辛い事ばかりだったから、職場の人間関係は、とても緩く感じた。

僅かながらにメリットはある。

ちょっとタイトルからは外れたかもしれませんが、同居の話でした。

www.raitochyan.com



友達が欲しかった僕、だけど出来なかった僕

f:id:raitochyan:20200126200654j:plain

学校の授業には、道徳という授業があって、当時、「走れメロス」など、友情に関する勉強をした記憶があるのだか、友達の作り方みたいなノウハウ的な授業がなくて、困った記憶がある。
純粋に、先生に聞けば良かったのかなと思うかもしれはいが、普通に聞くまでもなく、当たり前のように自然に出来るものであって、作ろうとして作れるものでもなかった。
友達がいない事が、別に悪い事でもないのに、みんなから外れてるような疎外感に囚われていた。
みんな友達がいるので、自分も作らなきゃいけないのかなと、変に囚われていた。
改まって考えてみると、別に悪い事でないから、気にしない事にした。
みんなと同じじゃなきゃいけないと思ってたあの頃。
大人になるにつれて、人と上手く喋れるようになり、友達も人並みに出来た。
当時、友達がいない淋しさよりも、みんなと同じ事が出来ないもどかしさに、困っていたのかもしれない。
不安定だった子供の頃。
ふと、思い出した。

俺様夫、分析してみた

f:id:raitochyan:20191221214821j:plain

やはりお父さんの影響が、大半占めるんじゃないでしょうかね?

 

元々温和な夫が、年を増す事に似てきましたね。

 

私自身が見る分には、可愛がられて育ったというより、親に気を使いながら育ったように思います。

 

義父は、戦前生まれの人でしたから、親には絶対服従的な考えだったように思います。

 

父親に可愛がられる所か、気を使っていました。

 

満たされなかったものを、私に求めているのではないでしょうか?

 

一般的に、男性は女性より、幼稚と言われます。

 

幸い、息子も娘もいるので、その辺の違いは分かります。

 

例えば、戦前ならば、沢山子供を産む事を要求されました。

 

大抵の女性は、男女産んでいる訳です。

 

しかし、男の子の方が幼稚だとか、弱いとか、事実をあらかさまにせず、

 

男の子だから、強いでしょ?とか、

 

おだてながら、育てたのではないでしょうか?

 

それを大人になるまでも、男の子をおだてたり、持ち上げたり、評価したり、

 

夫を立てるべき、父親にを立てるべきなど、

 

そのような風潮が出来たのではないでしょうか?

 

世間では、みんな知っているとおり、男性の方が、寿命が短いですよね。

 

きっと、昔の女性は、男の弱さを見抜いて、寛大な気持ちで、男の人を立てていたのかもしれません。

 

そんな風に思うと、納得するものがあります。

 

では、何故、女性のほうが強いのかという疑問ですが、

 

それは、女性は、子供を産む宿命を背負っているから、

 

子孫を残す為に、強い精神が備わっているのだと思います。

 

あくまでも自論ですが…。
www.raitochyan.com